2011年09月11日

景気のアノマリー

日本のプロ野球と景気はそれぞれは全く関連はないといえるのですが
実はアノマリーが存在しているようです。

阪神タイガースが優勝するとその後景気はよくなります。

1962年•1964年優勝後;高度経済成長&いざなぎ景気(1965年〜70年)
1985年優勝(日本一)後;バブル景気(1987年〜92年)
2003年•2005年優勝後;V字回復•いざなぎ越え景気(2002年〜2007年)

逆に阪神タイガースが優勝争いしていたのに
あと一歩で優勝を逸すると世界の景気が悪くなります。

1973年マジック1で優勝逃した後;第1次オイルショック
2008年マジック1で優勝逃した後;リーマンショック

また、ヤクルトスワローズが優勝する年は景気は悪くなります。

1978年:第2次オイルショック
1992年:不動産バブル崩壊
1993年:経済マイナス成長
1995年;震災後円高による景気低迷
1997年:消費税5%導入で消費低迷
2001年;同時多発テロ後景気悪化

....そして2011年は??日本では大震災があり
現在ヤクルト首位...最近の世界同時株安、欧米の債務不安...

阪神の優勝はむずかしそうですね〜あせあせ(飛び散る汗)

おまけ;アノマリーではありませんが

高度経済成長期の象徴;V9時代のの巨人
バブル期の象徴;西武ライオンズ

....補足としてバブル崩壊後は巨人優勝年の景気は悪い状態か
 1973年、2008年のように優勝後悪化しています。

 某読売のN会長の言った「巨人が優勝すると景気が良くなる!」
 という妄言とは真逆となっていますあせあせ(飛び散る汗)

posted by Pound_Love at 21:44| Comment(0) | 経済etc